スポンサーサイト

  • 2020.08.02 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スピッツライブ遠征の諸々in香川・岡山

    • 2017.08.13 Sunday
    • 22:00
    香川遠征ではせっかく行くのだからライブ以外でも何かしら予定を立てたりするのですが、今回は全く予定が立てられず。

    何だろなー、あまり何かをする気になれずというか、結局はライブ翌日もちょこっとお土産屋さんに寄り道して、最後のうどんを食べて帰路につくという。


    とりあえず、到着して荷物預けに行ってから、本当は釜バターうどんが食べたくてうどんバカ一代に行こうかと思っていたのだけど、お店が混んでいたら15時からのシャトルバスに間に合わないかも!って思い、ホテル近くのお店で済ますことにした。

    ホテル近くといっても、いろいろ検索してたら何件も出でくるわけで、まぁ、何というか冒険せずのお店、川福さんへ。


    こちら、実は初めてではなかった。



    天ざるうどん。

    10年以上前になるけれど、たぶんこのお店に来たことあるわーとお店に入ってから思った。
    しかも前に来た時も天ざる食べたような気がする。
    天ぷら食べたはず。


    人気店であると思うけど、カウンターだったがすんなり入れた。

    天ぷら付きなので、まあまあ奮発した感もあるけれど、ここはうどん県に来たので。





    片原町から高松築港まで一駅だけど、ことでんに乗る。



    電車の動きに間に合わず、頭切れたの図。



    やっぱり鉄子になってるわたし。


    前にことでんに乗った時は1日フリーきっぷだったので、改札では見せるだけだったのだけど、今回は切符を買って改札を通ったら切符にはさみを入れてくれました。
    興奮のあまり切符の写真撮り忘れたわ。3回も乗ったのに。。

    ICカードも対応していて、ピッとする改札機もあるのだけど、ICカードが何でもいいわけではなくIruCaということでんのICカードじゃないとダメみたい。

    わたし、最初に高松築港から電車が発車しそうだったから、思わず自分のICカードをピッとしようと改札機にあてたけど、ピッとも何とも言わず、ちょっと恥ずかしい思いをしたのでした。



    夜のことでん。よく見えない。



    翌日、帰るまでにどこかに行きたい気持ちもあったけれどあきらめてしまい、チェックアウト時間ギリギリまでホテルにいて、そこから買おうと思っていたお土産屋さんに。


    そこから高松駅に移動して、駅でちょこっとお土産追加したらやることなくなっちゃって、生まれて初めての青春18切符を使う時がやって来た。


    今まであまり周りで使っている人とかを気にして見ていなかったけど、この日もわたしの前に改札通る人たちも18切符の利用者でした。


    高松駅ってのが見えにくいけど。

    (ちなみに1回目と2回目は誰か知らない方が使用済み。切符は友人にヤフオクで落としてもらった。金券ショップもちょこちょことのぞいていたのだが、ヤフオクで予想よりも安く落札できてラッキーでした。友に感謝。残り2回分はその友人に託されます。)


    そのまま次の快速マリンライナーに乗れたけど、香川に来たのにうどん1回しか食べてない!ということで、初の連絡船うどん。



    高松に着いたらいつも目に入るけど、これまでお店に入ったことなくて、帰りに食べて行きました。



    期間限定 すだちぶっかけ(冷)。

    期間限定ということばについ。


    ネギ、自分で入れたかったなー。
    すだちが隠れておる。
    ネギ、嫌いじゃないけど、ちょっと多かった気がします。
    お店の外で食べたので、もしかしたら店内に薬味とかあったのかしら。

    さっぱりおいしくいただきました。


    食べ終わる頃に、ホームには岡山からのマリンライナーが到着したので、電車に向かいます。
    今回は高松から乗ったので、座りたかった窓際に座れて一安心。









    ずっーと見ていられる瀬戸内海。
    おだやかだ。


    計画していなかったけど、岡山に着いたらせっかくだから何かしていこうと思っていたけど、あまり気分も乗らず(荷物も多くて疲れている…汗)、駅でちょこっとお土産屋さんをぶらぶら。
    帰りの電車を検索しつつ、せっかくの青春18切符、倉敷とか行ってみる?とか思いつつも断念、どこも混んでてようやく席が空いていたドトールにてお茶して、結局ホームに向かうという、本当にただ帰るだけの18切符使用となりまして。。


    多少時間がかかっても、混んでいるよりも空いている方を選び、帰りは赤穂線に乗ることにしました。


    クロスシート独り占めで、長閑だ。


    たぶん日生駅のホームだったと思うけど、自分が乗ってる電車もこの黄色いの。


    ちなみに写真撮れなかったけど、日生駅がこの赤穂線では一番のお気に入りだ。
    海が見えるし、素敵だった。でも写真撮れなかったけど。


    日生といえばかきおこが有名なのだな。
    いつか食べに行きたい。


    岡山から播州赤穂。
    乗り換えて姫路まで。この乗り換えでも奇跡的に座れた。
    予想通り、相生からすっごい人が乗ってきたので、座れててラッキーだった。
    姫路で新快速に乗り換え。ここでもギリギリ座れたけどドアの補助シートだったから終始落ち着かなかったけれど、荷物も重たかったから贅沢言ってはいられず、申し訳なく思いつつ座っていきました。


    18切符、これからは本格的にどんどん使って行きたいと改めて思った夏。

    この日の記録(備忘録)
    高松11:40発快速マリンライナー〜岡山12:32着
    岡山13:55発(JR赤穂線)〜播州赤穂15:06着
    乗り換え
    播州赤穂15:07発(赤穂線)…相生15:19(山陽本線)…姫路15:38着
    乗り換え
    姫路15:41発新快速〜大阪16:43着


    香川県上陸!

    • 2017.08.12 Saturday
    • 13:10


    約2年ぶりの香川県。

    しっかしお盆の時期に新幹線に乗るとは思いもよらず。
    マリンライナーも座れて良かった!

    よく考えたらテアトロン公演、2日目の方で良かったのだ。
    昨日だったら、新大阪駅とか恐怖だわ。


    とりあえず荷物を預けに行ってくる。


    島根一人旅 2日目 その2

    • 2017.04.30 Sunday
    • 23:30
    一畑電車にゆらゆら揺られて出雲大社へ。

    写真はないけれど、途中はスイッチバックする駅があったりして内心は興奮しておりました。




    ステンドグラスがあったりと、小さいけれど素敵な駅舎です。



    時間があれば旧大社駅にも行ってみたかったけれど、何といってもこの二日目はとにかく時間がなくて、バタバタでした。


    到着してもあまりゆっくりしている暇もなく、神門通りを歩いて出雲大社へ向かいます。



    朝早く訪れれば、あまり観光客の方もいないのかもしれませんが、人がいなくなる時がないので、どうしても人が写ってしまいますね。



    勢溜の大鳥居(二の鳥居)の前で振り返ると、一の鳥居である宇迦橋の大鳥居が見えました。


    下り参道を歩いて、御本殿を目指します。
    本来ならば下り参道の途中にある祓社を参拝してから先にすすむべきかと思いますが、多くの人がならんでいたのであきらめました。


    ムスビの御神像の大きさに驚き、思わず写真撮る。


    逆光のため暗くなってしまった。





    わかりにくいが、広い!
    そして緑が美しい。

    この日は奉納神代神楽が行われていました。


    そして拝殿。



    奥に御本殿があります。

    御本殿は南向きに建っていますが、御神体は西向きにあるので、拝殿で参拝したあとに西側からも参拝しました。

    出雲大社の参拝方法は「二礼四拍手一礼」です。

    こちらも人が多いですが、知らない方もいらっしゃるので、通り過ぎていく方もいます。
    何故ならんでいるのだろう?と思っているかもしれません。


    そして神楽殿へ。




    日本最大級の大注連縄の大きさが伝わる撮影が出来ませんでした。
    大きな注連縄。

    ちょうど結婚式が行われていたようで、新郎新婦が撮影しておりました。


    おみくじを引いて、御朱印もいただきました。

    御朱印は三ヶ所でいただけるとのことでしたが、御本殿と神楽殿しか行けず、あと一ヶ所は聞いたにもかかわらず行けませんでした。
    ちなみに北島国造館でもいただけるそう。
    初穂料は決まっていないので、納める方の気持ちということになります。


    本当はもっとゆっくりと時間をかけたかったのですが駆け足で参拝をすませて、これまた今回の旅で食べたかった出雲そばのお店、荒木屋さんへ。

    有名なお店が何軒かあって、いろいろと下調べはしていたものの、結果甘く見ていた(とにかく初動が遅かったです)ので、すでにお店には人が多く待っていました。
    後で考えたら、先に名前を書いてから他を見たり(これも時間が読めないと難しいかもですが)してもよかったのかもしれません。

    名前を書いて、何処に行くでもなく、お店の前のベンチが空いたのでとにかく座って待つことに。



    どのくらい待ったのかしらー。
    日差しが強くて、日焼けする勢いだったからストールを頭からかぶって、かなり怪しい人となっていましたが。




    1時間は並びましたが、食べるものは決めていて、縁結び天セット1490円なり。

    二段のおそばと天ぷら、あと縁結びおみくじと5円玉が入ったご縁袋付き。
    美味しかった!


    出雲大社を参拝したあとだからというわけではないと思うけれど、わたしの後に名前を書いた方もお一人だったようで、お店の方の気遣い?なのかなぁ、〇〇様〇名様〜って呼ばれる時に、別に一名様って呼ばれても平気だったんだけど、次の一名様と合わさって二名様〜と呼ばれ、小声で相席でもよろしいですか?と。
    後の方も女性だったので、何の躊躇もなく同じテーブルに案内してもらったのでした。
    突然のご縁に驚いたものの、わたしよりもお若くてとても美人な方で、おそばが出てくるまでと、食べている時にお話しさせていただきました。

    わたしは帰りの電車の時間がせまっていたので、食べたらすぐにお店を後にしなければならず、本当に少しの時間だけしかご一緒できなかったのですが、色々と興味のあるお話が聞けてうれしかったです。
    お名前とかは聞かなかったし、聞かれなかったけれど、旅のご縁に感謝しつつ一人旅の良さも実感。(いい事ばかりではないけれど)


    電車の時間を気にしつつ、少しだけお土産屋さんをのぞいてから急ぎ足で駅まで。


    帰りの電車はしまねっこラッピングではありませんでしたが、いい感じ。

    約1時間揺られて松江しんじ湖温泉駅まで。


    本当は最後に松江城に行きたかったのだけど、全然時間がなくて行けませんでした。
    松江駅までバスに乗ろうと思い、最短時間で行けるバスは調べていたのに、焦って乗ったバスはルートが違ったので、松江駅に着く時間が遅いやつでした。
    でも乗り間違えたおかげで、松江城の横を通るバスだったから、天守閣が少しだけ見えました。
    それにしても行けなくて残念。



    帰りのやくも。


    バッタバタの松江・出雲の旅。
    欲張りすぎたので、中途半端かつ、行けないところもありという、反省の多い旅になりましたが、また再訪する口実もできたので、次回に旅する時は今回行けなかったところに力を入れたいと思います。



    島根一人旅 2日目 その1

    • 2017.04.30 Sunday
    • 22:30
    島根旅、二日目の朝は楽しみにしていた朝食バイキング。



    宍道湖を眺めながら、気持ちのいい景色。



    しじみご飯としじみのお味噌汁は食べておく。


    二日目、そもそも最初から(朝ごはんの時間から)間違ってたんだなぁ。。

    結構しっかりと予定組むタイプの性格なんですが、なんだか適当人間になってるところもあって、あまり深く考えてなかったのだけど、この日予定していた目的は全て果たせずに帰阪することになる。

    チェックアウトを済ませてから、この日の最初の目的地、出雲大社へ向かうために一畑電車の松江しんじ湖温泉駅へ向かう。





    1日フリー乗車券を買って、出発間近の電車に乗ります。




    島根のゆるキャラ、しまねっこ。



    (この写真は復路の時に撮ったものだけど)

    さて、ここからゆったり電車の旅。

    出雲大社前までは約1時間。



    島根一人旅 1日目 その2

    • 2017.04.29 Saturday
    • 23:55
    安来駅でずいぶんと待つことになったので、駅内のお土産屋さんで予定外の手ぬぐいを買ってしまいました。



    16時前の電車に乗って、約20分。
    松江に到着。
    途中、中海にスレスレの所を走るので、景色が最高でした。
    写真撮れなかったけど。


    島根旅1日目の予定の二つ目は島根県立美術館。
    時間があれば徒歩も検討していたけれど、市バスを待つことにしました。
    少し待ったけど、乗ってしまえばすぐに到着。
    それでもこの美術館に来た目的は宍道湖に沈む夕日を見たかったのと、たまたま訪れた時に開催されていた展示を見ること。
    時間的にかなり焦っていたので、全体的に駆け足気味の鑑賞になってしまったなぁ。

    ちなみに企画展とコレクション展のセット券で。
    この期間の企画展は「愛しきものへ 塩谷定好1899-1988」と同時開催の写真家たちの愛した街 奈良原一高の愛したヴェネツィアと森山大道ほ愛したパリ。

    見る前は森山大道作品だけが目当てだったけど、どれも見応えのあるものばかりでした。
    もう少しじっくり見たかった。



    まだ日没までは時間があるのだけど、この日、たくさんの方たちが夕日を見るために外で写真を撮っていた。
    きっといつもの光景なのかもしれないけれど、すごく素敵な美術館だったなぁ。
    本当はもっと館外にもオブジェとか作品があったりするのだけど、余裕のなかったわたしはあまりウロウロできず。

    宍道湖畔は風が強くて寒かったなぁ。





    宍道湖うさぎという12匹のうさぎがあって、宍道湖側から2番目のうさぎを西の方角を向いて触わると幸せが訪れるとか。





    そうこうしているうちに、日没へと確実に時間はすすんでいく。










    夕日は日没後からの時間がやっぱりいい感じ。
    何とも言えない空の色が好きだ。




    滞在予定の宿はここから歩いて行けるので、日没後の余韻を味わいながら宍道湖に架かる橋をテクテクと。







    わかりにくいけど、飛行機雲と月と夕焼けが絶妙な景色。
    いいカメラで撮影してたらねぇ。
    でもこの目には焼き付いております。

    バタバタとした1日目。
    一人旅は詰め込み過ぎるのが悪い癖。

    久しぶりに温泉につかれたのでうれしかったー。



    島根一人旅 1日目 その1

    • 2017.04.29 Saturday
    • 23:30
    念願の島根旅。ようやく実行に移すことができました。

    とはいっても一泊二日はハードでございました。
    電車旅は時間がかかるぜ!


    新大阪から岡山までは新幹線。
    岡山から島根(今回は安来で下車)までは特急やくもでの移動です。

    【備忘録】
    新大阪 9:05発 新幹線のぞみ5号
    岡山 9:50着
    <乗換14分>
    岡山 10:04発 特急やくも7号
    安来 12:26着


    岡山からの電車旅がなかなかの時間ですね。
    そして聞いてはいたけど、予想以上に振り子式の揺れがすごかった!
    岡山から乗り合わせた女子グループの子たちが、しばらくしてから酔ったようで大変そうでした。トイレと座席の往復など。

    そんなこんなでチョコレートとか食べて油断したら、なんとなく気持ち悪くなってきて寝るという手段に出たわたし。
    で、食べるの楽しみにしていた駅弁は果たして食べられるのか!?ということで、11時半くらいになったら食べようと思っていたけど、フライングで11時に食べ始めてしまいました。



    なんてことないお弁当です。

    ちなみに一人旅なので、隣に座っていたかたは知らない人で、ちょっとだけ気をつかいますな。。
    お隣さんは食べてなかったからなぁ。
    通路側の席だったのですが、通路を挟んだお隣の方はご家族グループのお父さんで、やくも出発と同時にお弁当ひろげてました。

    そんなこんなで、お弁当の写真撮るのも結構大変で、揺れるからブレたりして何やってんだか…という感じ。

    気分はあまりよくなかったけど、お弁当は食べることができたし、途中の車窓からの大山も見ることができたし、とりあえず無事に安来で下車できました。
    (酔いは大丈夫だと思っていたけど、次にやくもに乗る時は、念のために酔い止め薬を飲んでおこうと思った。)






    どうして安来で下車したかというと、最初の目的地は足立美術館だったから。

    安来駅から美術館までの無料シャトルバスに乗り換えるため、本当は写真なんか撮ってる場合じゃなくて、急いで階段をのぼって向こうのホームにある改札まで。
    都会と違って、バスの運転手さんが出発しますよ〜って駅の中まで呼びに来てくださったおかげで、バスに間に合いました。
    (一応、電車の到着時刻にあわせて、バスの時刻表も作られてるみたいですが、トイレとか寄ってたら次の便になると思う)


    バスに揺られること20分。
    やくもでの軽い酔いがよみがえる。。
    普段ならなんてことないんだけど、久しぶりにしばらくは気分がすぐれずびっくり。
    でもバスをおりてから美術館を見て回ってるうちに体調も回復しました。


    ちなみに帰りのバスは美術館入場した時に整理券を取っておきます。


    さて、美術館の様子。




    新緑がきれいな時期に来ることができてうれしい。
    お天気も晴れて良かった。

    わたしが到着したのが13時頃。
    人気のある美術館とはいえ、まだそれほど人の多さは感じなかった。
    午前中に来ることをおすすめします。
    遅くても昼イチくらいかなぁ。
    1時間くらい見て回ったけれど、帰る時は駐車場(めちゃくちゃ広い!)も車でいっぱいだったし、人がどんどん入ってきたなぁって感じましたので。







    ちょっとズームで撮ったのだけど、滝まで造っちゃうのだからすごいです。 後ろの山も借景に、とにかく創設者の足立全康氏の豪快さとすごさに感服。









    生の掛軸や生の額絵と題された場所も、人が多くて映り込みますね。


    とにかく素晴らしい庭園に心癒やされました。

    横山大観のコレクションでも有名ですが、絵画や作品などは撮影禁止です。

    本館の1階、2階から陶芸館の1階、2階、そして地下通路を通って新館1階、2階。
    館の規模もすごい!


    帰りのシャトルバスの時間(整理券の時間)まで少しあったので、ちょこっとお土産やさんとかのぞいたりしました。

    ここで凡ミスですが、安来から松江までの電車の時間をあまりちゃんと見てなくて、安来駅でずいぶんと待つことになる。
    (特急券買えば、問題なかったけれど普通に乗るので…)
    なのであと30分遅いシャトルバスでも良かったのでした。




    これに乗って松江へ向かいます。



    浅草寺と東京スカイツリー

    • 2015.12.27 Sunday
    • 15:00
    東京二日目の23日。祝日。
    THE 東京巡りは浅草寺とスカイツリーへ。
    この日の天気は下り坂ということで曇っているうえ寒かった!
    普通のヒートテックじゃなくて極暖持ってくればよかったとちょっと後悔。

    都営浅草線で浅草まで。


    駅じたいはそんなに混んでなかったけど、地上にあがってきたらやっぱり観光客でにぎわっていた。

    雷門に行くまでにすごい行列を見て何だろう?と思っていたけど、亀十という和菓子屋さん?の行列だったみたい。
    どら焼きが有名なのかしら。あとで調べて写真見たら、ふわふわで美味しそうだったな〜。
    またいつか浅草に来ることがあれば、行列にならんでみるかな。



    雷門。人すごいー。
    あと人力車のお兄さんたちもたくさんいるのね。




    仲見世も観光客でいっぱいでした。



    きびだんごを食べてみる。


    袋がかわいいね。5本入り。
    両手ふさがって写真撮れなかったけど。


    お店の方に撮影許可いただきました。
    前にテレビでウエンツ&安藤美姫さんが食べ歩きしてたけど、その前から有名なのかなぁ。お客さん多かった。
    甘酒も飲んでみたらよかったかな。


    お店がたくさんあって、下調べしてなかったから人形焼とかもスルーしてしまったけど、また訪れた時の楽しみにしておこう。



    ようやく宝蔵門。




    本堂の前にお線香をあげました。
    みなさんご利益を全身に浴びておられました。
    煙が目にしみて、ちゃんとお線香を立てられなかった気がする…。



    参拝を済ませてからご朱印をいただくために影向堂へ。
    写経もしないでご朱印をいただいてすみません。



    花やしきが見えた。



    前日の増上寺では東京タワー。
    浅草寺では東京スカイツリー。


    もうすぐ年末やし、初詣までおみくじは引かないつもりだったのに、何でか引いたら「凶」だったさ。

    ふぅ。


    そろそろお腹も減ってきて、余計に寒さも感じてきたのでお昼ご飯をどうしようかと散々迷い、お蕎麦か天ぷらしか頭になかったので検索したら大黒屋さんが出てきたので行ってみたら、運良くすぐに入れた。


    天丼が有名らしい。
    1750円。えびが2本とかきあげ。
    えびが4本ってのが一番高かったかな。丼3つの中の真ん中のお値段のものです。
    写真で見た通り、カリッとした天ぷらではなく、好みの問題ですね。(後で某グルメサイトなんかで口コミ見たら、同意見の口コミ多くて納得)。
    ここで書くことでもないけれど、たぶんわたしは次は行かないかな。
    丼がどうとかより、テキパキお客さんを入れてた店員さんの感じの悪さが気になった。
    女一人だからといって、あの態度はいかがなものか?
    お茶飲んで帰ろうかとも思ったくらい笑。


    とりあえずお腹も満たされたので、当初は行く予定のなかった東京スカイツリーまで行ってみることに。

    ここで写真撮れたらいいかなとか思ってたけど。


    途中からスカイツリーを目指しているであろう人たちについて行った。




    でかい!
    わかってはいたけど、ここまで来たら首痛い!

    時間がなかったので、スカイツリーは下から見上げるだけでした。

    水族館とかいろいろ、1日過ごせる場所ですね。クリスマス前でカップルも多かったなぁ。



    帰りは押上駅へ。

    階段を下りる途中で写真撮影スポットみたいなのがちょこちょこ。


    大きなものは、離れてみたほうが美しい。


    東京タワーも東京スカイツリーもライトアップされた姿が見たかったけど、これもいつか。

    スカイツリー、次回は展望台行くぞ!


    雨、なんとかもってくれて良かったよ。
    東京駅のホームで新幹線待ってる時に、大阪は雨降ってるねんて〜と隣から会話が。
    たった一泊二日でしたが、なんやかんや言っても大阪弁が何故だか安心するわー。




    増上寺と東京タワー

    • 2015.12.26 Saturday
    • 22:45
    22日。東京に到着してから夜のライブまで時間があるので、THE 東京っていうところへ観光へ。

    当初、東京行きが決まったときに、1日目は六本木ヒルズにある森美術館に行く予定だったんですが、風邪ひいて体調がいまいちだったので美術館はあきらめ、増上寺と東京タワーだけにしたのでした。
    (微妙に時間が余って、無駄な時間ができちゃったけどね…)



    東京駅からなので山手線で浜松町まで行けばいいんですか、宿泊予定のホテルがメトロ東西線の駅だったので東西線と都営浅草線で大門駅まで。

    ここらへんで本当はお昼ご飯も食べたかったけど、あまり食欲もなくて増上寺へ直行です。


    お天気最高ですね。
    青空と増上寺と東京タワー。
    いいねぇ。




    お地蔵さまがたくさん並ぶ姿はすごかった。実際はもっとたくさんです。
    風車とお地蔵さま。
    写真撮っていいのか躊躇しちゃったけど、一枚だけ。

    境内は広くて、もっと隅々まで見ればよかったけれど、本堂で参拝してからご朱印を書いていただき、増上寺をあとにしました。
    来年の干支にちなんだお猿さんのかわいらしいものを買うか散々迷ったけれど、結局買わず。
    自分の干支がさるだったら買ってたけどなー。



    増上寺から歩いて数分。
    東京タワーへ。



    やっぱり通天閣とは違うなー笑。
    大きい。
    夏に行った別府タワーがほんとかわいかったな。
    でもタワー6兄弟(設計者が同じ)では下から2番目の東京タワー。
    通天閣兄さんや別府タワー兄さんより、ずいぶんと大きく育ったねという。



    こんなのまでタワーの形でかわいい。
    必死で写真撮ってたけど、後でここにもあったわ。

    東京タワーのキャラクター、ノッポン兄弟。
    このくらい小さいとかわいらしいかな〜。
    キャラとしては京都タワーのたわわちゃんの方が好きかもな〜。


    チケットは大展望台と特別展望台のセット1600円。
    平日だったから、そこまで混雑することもなく。
    特別展望台へ行くエレベーターは少し待ったけど。


    スカイツリーが見えたから、すぐさま撮った一枚。笑


    特別展望台からだと、また少し見え方が変わるね。



    六本木ヒルズは見切れてますけど。





    向こうのほうが羽田空港。



    運が良ければ、遠くに富士山が見えるそうだ。
    来る時の新幹線からは富士山見えなかった…。
    そして帰りも雨予報なので見えなかったです。。



    鉄塔萌えなわたしにとって、この鉄骨はテンション上がる。


    見下ろす。やっぱりちょっとこわい。





    マンホールはこの一枚だけ。


    帰りは浜松町から電車に乗って。

    ホテルへ荷物を置いて、ライブ会場へ。
    ライブの模様は先に書いた通りです。

    あっという間の1日目。









    レッツひとり旅 香川編 その5

    • 2015.09.26 Saturday
    • 18:49
    一泊二日の香川ひとり旅。
    ようやく最終…のはず。長かった。
    9月13日。

    高松駅から丸亀駅へ。
    JR予讃線の各停で40分くらいかかりました。快速とかだと半分くらい?
    でもこれがとりあえず早かったらしい。(駅員さんに聞いて乗ったから)





    2枚とも帰りに撮った写真だけど。

    丸亀到着!

    当初、ここには前日の土曜日に訪れたいと考えてたので、日曜日になって混雑してるだろうな〜って思ってたら人がいっぱいでした。

    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。




    ジャズフェスティバルが開催されていて、まさに演奏中。
    そして観客もたくさん!
    時間に余裕があればゆっくり聴きたかったけど、とりあえずわたしは見たいものがあったので立ち去ることに。

    美術館の入り口が人混みでよくわかってなくて、最初図書館の方へ行ってしまって泣きそうでした笑。

    演奏中のバンド横を通り、入り口発見。


    リュックとお土産袋をコインロッカーに預けて、ゆっくり鑑賞です。

    「猪熊弦一郎展 猫達」と「マルティーノ・ガンパー 100日で100脚の椅子」。

    両展示とも写真撮影が可能でした。




















    これは「葬儀の日」という作品。
    葬儀の日に描いた絵だそうです。
    これまでに弦一郎さんが描いてきた奥さんの絵とは違って見えると。
    奥さんのまわりにはたくさんの猫。

    猪熊弦一郎(1902〜93)。
    画風は幾度か変わっていて、猫を描いたのは妻が猫を抱いて座っている姿が美しかったから、早速カンヴァスに描いたというのが初めて猫を描いた時だそう。
    女性像をモチーフに制作していたこの頃、奥さんがモデルのものが多い。
    猫をかうのも描くのも奥さんがきっかけであるといえる。

    この一文を先に読んでいたから、葬儀の日の絵を見たらジーンとした。







    この美術館、いいなぁ。
    遠くの景色を借景に。




    マルティーノ・ガンパー 100日で100脚の椅子。



    ロンドンの路地や友人の家から使われなくなった椅子を集めて組み立て直し1日1脚100日で100脚の詩的でユーモア溢れる椅子がつくられました。
    99脚の椅子はこれまで世界各地を巡回し、100脚目の椅子はそれぞれの場所で新たに制作されてきました。(パンフレットより)

    今回も100脚目の椅子は丸亀の椅子を使って展示されている。

    …ですが、その丸亀の椅子、写真を撮るの忘れたんです。すみません。
    なのでパンフレットより。

    「○亀」。


    この写真の中にたぶん写ってるんです。
    わかる人にだけ。


    他、いくつか。












    この作品、たしか「バーバママ」だった。

    椅子に座ったり触ったりは出来ませんでしたが、たくさんの椅子を目の前にワクワクしました。


    展示の他に楽しみにしていたミュージアムショップとカフェ。
    カフェは混んでなければいいなと思いつつ、入店したら席は空いてました。
    窓際は埋まってて、あと少し遅く来てたら、一席空いたんだけど残念でした。


    カフェレストMIMOCA。

    噂通りかわいい。






    限定スイーツにしたかったけど、アイスだったのでやめました。


    本日のスイーツ チーズケーキと限定ドリンク 柚子ジンジャーソーダ。

    ジンジャーが効いてて美味しかった。


    限定スイーツ ニャイスサンドも他の方が頼んでるの見たら食べたくなった。
    限定モノにしといたほうがやっぱり良かったかな〜。





    時間があったら丸亀城へ行こうかとも思っていたけど、美術館から歩いたら25分くらいかかるということで、即あきらめ。
    丸亀城から瀬戸大橋、写真撮りたかったけどなー。

    本当は猪熊弦一郎現代美術館とセットで行きたかった、東山魁夷せとうち美術館。
    バスの時間が合わなくて行けなかったから、次に香川に来る口実ができました。
    瀬戸大橋、間近で見られるだろうし楽しみにしておこう。


    丸亀駅にて。

    骨つき鶏は今回は食べませんでした。



    香川へ来る時に岡山駅で見たアンパンマン列車!


    この歳になってもなぜかテンション上がって写真撮ってしまう。



    わたしが乗る電車到着。

    架線から電気とってる?とか確認してなかったけど、これは電車であってるかも。かも?



    車窓から丸亀城。
    ギリギリ右端に撮れました。



    乗り換えの坂出駅から。
    駅前のオブジェがうどんだと思ってたけど、うどんじゃないのかな?
    うどんでいいと思うけど。


    岡山まで、行きとは反対側の景色を撮影したかったけど、窓際には先客があり見るだけ。
    ちょうど西日が合わさって、海がキラキラして綺麗でした。
    瀬戸内海のおだやかさがホントあらわれてるなと。



    また目的を果たしに香川へは再訪を誓って。





    レッツひとり旅 香川編 その4

    • 2015.09.23 Wednesday
    • 11:57
    香川ひとり旅。9月13日。
    ようやく二日目の話。(この旅は一泊二日です。)

    朝はホテルのバイキング朝食。
    うどん食べに行くから、朝食なくても良かったかもなと思いつつ、予約取る時は考えてなかった。

    チェックアウト時間、30分前くらいにホテルを出て、悩んだ結果歩いて瓦町方面へ行くことにしました。
    炭水化物の食べ過ぎで、運動がてらと思ってたけど、そんなに歩いてない。


    瓦町駅はことでんの路線の全部が集まる場所だから、大きな駅でした。
    でも駅の入口がわかりにくい。
    ここ、行けるのか?と不安になったから、ぐるりと回ってしまって余計に歩いた。

    瓦町からさらにテクテク。
    遠目に行列が見えてきたからお店はすぐにわかります。

    手打十段うどんバカ一代。
    このお店、何年か前に関西ローカルのロケみつっていう番組で、稲垣早希ちゃんがブログ旅ってのをやってた時に見て以来、ずーっと行ってみたかったとこ。
    それまでの人気はよく知らないけど、早希ちゃんによって知った大阪人は多いはず。
    釜バターうどんがめっちゃ食べたくて。

    大阪のとあるうどん屋さんで、釜バターがあったから食べたことあるけど、あんまり美味しくなかったんですよね。
    本場で食べて満足したかったという。
    でも何年越しなんでしょう。
    ブームは全く去っていなくて、地元の人より観光客の方が多かったこの日。
    15分くらいならんだだけで済みました。
    朝の10時過ぎくらいだったかな。

    お盆を取って、お水を入れて、釜バターの小っ!って注文して。
    でも釜バター、すぐには出てこなくて一旦席を探して座って待つことに。

    こういう時、一人は困る。
    そんなに広くない店内で、運良く一番隅っこの席をゲットして喜んだのも束の間、結局うどん出来たら取りに行かないとだめだし、荷物もあるしでまあまあ大変でした。
    しかーも。釜バター頼んでる人が結構いたから、呼ばれた時に自分のなのかよくわからなくて、うだうだしてたらバターがとけてたわ〜泣。


    ネギと天かすは自分で。
    卵、うまく真ん中に落とせなかったのね〜。

    でもおいしかった。
    小だけど、ボリュームたっぷり。
    まぁ、朝ごはん食べてきてますからね。
    ここでうどん食べ終わったら汗だくになってました。

    お店出たら行列がちょうど途切れたとこで、誰もいない店先の写真が撮れました。


    なかなか引かない汗をぬぐいつつ、瓦町駅まで歩いて戻ります。

    瓦町駅から高松築港駅まではことでんで。

    改札口で切符に鋏入れてくれた。
    硬券ではなかったけど、なんかワクワク体験。
    でもことでんでもICカードの導入がされてて、地元の方はカード使ってるみたい。
    ちなみにPiTaPaはことでんでは使えませんでした。残念。


    この旅最後のことでん。


    高松駅ではお土産なんかを買ったらすぐに丸亀へ向かうつもりだったけど、ちょっと予定変更して海の方へ行ってみることにしました。
    気になっていた「せとしるべ(赤灯台)」が見てみたくて。


    高松シンボルタワー。


    高松駅周辺はフェリー乗り場があったり、多目的広場があったりと1日遊べるとこですね。
    海辺に行けば釣りをしていたり。
    天気がいい日は気持ちいい。

    この日もイベントやらやってました。







    めっちゃ波が高くて、海側へ行くのは危険だったから、この距離。
    後で調べたら作品名「MATAKITENO」(また来てくださいという意味だそう。)という御影石でできた作品。



    高松は石も有名ですよね。
    庵治町には以前行ったことがありますが、そこもおもしろかった記憶。



    屋島。





    小豆島は写らんかったけど。
    女木島、男木島、豊島、小豊島…。



    この先が灯台です。
    お散歩コースにもなっているみたいで、釣り人とウォーキング、ランニングしてる人が多く見られました。
    往復約1キロ。

    天気良すぎて日焼けした。
    風も強くて髪の毛ボサボサ。





    実際の灯台見たら、なんてことないのかもしれないけど笑。
    やっぱり灯台は夜だな!
    総ガラス張りの灯台です。


    来た道をゆっくり戻ります。




    めっちゃわかりづらいけど、高松城跡の櫓が遠くに見えました。





    今度はフェリーで島々を巡りたい。
    時間とお金だな〜。





    大巻伸嗣さんの「Liminal Air-core-」。

    写真撮ろうとしてたら、レンタサイクルの二人組がはしゃいで撮影しだして、ちょっと苦笑い。

    お天気良くて、青空の下で撮影できて良かった〜。


    ひととおり堪能したので、そろそろ丸亀へ行かなくては。



    今度はJRで。
    香川に来る前にちらっと調べてた情報が古かったらしく、高松から丸亀までもPiTaPa使えたみたい。チャージですけど。
    岡山から高松まではチャージしたPiTaPaで来たのです。
    坂出ではICカード使えるって見たけど、丸亀が対応してるかわからなかったから切符買ったけど、丸亀に着いたらICカード使えることが判明。

    改札口で聞けば良かったんだけどね。
    時間見て焦ってたのね、わたし。

    いよいよメイン目的の一つ、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館へ向かいます。


    続く。







    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    1クリック thank you!

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    ブクログ

    電話占い
    今日占
い  昨日
カウンター

    BOOKS

    スマホ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM