スポンサーサイト

2019.12.31 Tuesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    2019年 かき氷を食べに行く

    2019.08.11 Sunday 23:00
    0
      これも毎年恒例となりつつある、京都にかき氷を食べに行くといつ夏の行事。

      友人と休みを合わせるのが難しくなってきた。(友人はお盆も仕事。。)


      ここ数年、桃のかき氷を食べるために、北野天満宮近くにある古の花が定番なのだけど、昨年も今年と同じ時期に行ったらお盆休みで、急遽お店を変更したのでありました。→昨年のかき氷


      ということもあって、今年は最初から桃のかき氷が食べられるお店で、穴場を探して見つけました。


      鹿の子。


      梅小路公園近くにあります。




      桃ミルクにしました。




      かき氷の横に付いているのが、上から自家製練乳、追い桃シロップ。


      かき氷の上にはフレッシュな桃も。


      氷は見た目は荒いけれど、口に入れたらふわふわとける。
      もちろん頭もキーンとならない。
      ペロリと食べられます。


      友人も桃ミルク頼んだんだけど、ミルク(練乳)は正直わたしは不要だったかなー。
      なくても充分おいしく食べられる!

      どちらか1人が桃ミルク頼んで、ミルクはシェアでもいいかも。
      練乳だから甘いです。

      桃は期間限定です。

      他にも食べたい種類があったので、また行きたいなー。


      category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

      2019祇園祭 長刀鉾のちまき

      2019.07.13 Saturday 22:00
      0
        ここ数年は日程が都合よくて、長刀鉾のちまきを買うことができています。

        今年も休み中に買いに行けるとなったので、例年よりは早めに家を出発。
        販売予定時間は10時でしたが、15分くらいにはついたと思う。


        四条烏丸の交差点のところに出てきて、最後尾はこの辺だろうと見てみたら、今まで見たことのない人がすでにならんでた。




        いつもは四条烏丸の交差点の横断歩道をあたりからならぶくらいで、時間も15分から20分で買うことができてた。

        今年は最後尾が見えないままずーっと歩いて歩いて曲がって…。

        びっくりだ。

        ここまでならんで、もしかしたら売り切れてしまう可能性もあって、周りの方々とお話ししながら、小雨も降ってくる中、ちまきを手に入れるまで1時間ちょっと。


        今年はありがたみをより一層感じます。
        (ちまきは同じで、外に貼ってる紙が違うだけやろ、と言ってる方を見かけましたが、縁起物ということで)











        また一年、よろしくお願いします。


        category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

        抹茶!!無碍山房 Salon de Muge

        2019.05.19 Sunday 22:00
        0


          2回目の無碍山房 Salon de Muge。

          今回は抹茶のパフェをいただきに。







          美味しいのはもちろんですが、本当に濃い!

          誰かと行かれるのなら、別のものを頼んでシェアするのもいいかもだけど、一人で全部食べたいという欲もあり、難しいところだけど、一緒に行った友人は最後の方は苦戦してました(笑)



          次は何を食べようかなー。


          category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

          令和 ご朱印

          2019.05.04 Saturday 12:00
          0
            佐川美術館から京都へ。

            いつもなら堅田駅から京都駅までなのですが、令和初のご朱印をいただくために平安神宮へ行きたかったので、どのルートが早いか調べたら、山科で乗り換えて地下鉄というルートとなりました。

            山科で降りたの初めてだった。


            地下鉄の冷房がよく効いてて寒かった。






            ご朱印の列、どれくらいならぶかなぁとドキドキしてましたけど、15分くらいでした。
            東京の明治神宮では10時間?とかニュースで見ていたので、ビビってましたけど、京都は寺社仏閣がたくさんあるからなのかしら。


            おみくじもひいてみました。




            令和、あらためて気を引き締めて過ごしていきたいと思います。はい。



            閉門までまだ少し時間があったので、粟田神社へも足を伸ばしました。







            新緑が美しい季節。









            令和、良い時代になりますように。



            category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

            六波羅蜜寺の開運推命おみくじ

            2019.03.18 Monday 21:00
            0


              平成最後の開運推命おみくじ。

              六波羅蜜寺にて。


              category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

              無碍山房 Salon de Muge

              2019.03.17 Sunday 23:00
              0
                いちごのパフェが食べたい友人のお誘いで行ってきました。

                あの老舗料亭 菊乃井さんが手がけているサロン。
                無碍山房 Salon de Mugeへ。

                喫茶タイムは13時半から。
                それまでは予約のお昼ごはんの時間なので、早く行っても待つだけなのです。
                (喫茶も予約できる)

                わたしたちは予約はせず、少し余裕を持ってお店に行ったので、誰も待っていなくて、まだ入れる感じでもなく、じっとしていると寒かったので、少しだけ時間潰しにぐるりと。

                これが甘かった…。

                次にお店に向かったら、すでに何人かならんでいたのでした。

                混雑するお店とはこういうものです。

                それでもまだ絶望するほどの人ではなかったので問題なし。

                喫茶の時間になると、予約してない人はお店の前の機械で発券します。

                予約している人たちは時間ギリギリに続々と現れて、最初に店内に呼ばれます。
                そして発券番号の早い順に呼ばれる仕組み。

                一回目に店内に入れる人数は席数で決まっちゃうので、自分たちは無理そうやなぁと。
                発券するときに連絡先も登録できるので、そんなに離れない程度にまたぐるりとしに行って、トイレに行ったりしてる間に電話がかかってきて、お店に向かいました。

                この時、お店に戻るのが遅くなると、順番が後先になってしまいますのでご注意を。



                抹茶のパフェがたぶん有名だけど、わたしたちの目的はいちごなので、心揺さぶられつつもそちらを注文!






                いちごがいっぱいでワクワク〜!

                中にはあまおうのソルベとミルクのアイスが入っています。

                生クリームとか甘過ぎるのが苦手な友人にとっては、問題なく食べられるパフェ!
                甘いの平気なわたしも大満足なパフェ!




                お隣の方たちは抹茶のパフェを注文していて、お互いに惹かれてしまいましたが、わたしたちは次回は抹茶を食べることを誓っていちごを堪能。



                混んでいるのでゆっくりとはできませんが、また行きたいと思いました。









                category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

                紙博&布博@国立京都国際会館イベントホール

                2019.02.23 Saturday 21:00
                0


                  紙博と布博が一緒!

                  興奮して行ってきました。


                  京都の布博に行ったのが今から2年前
                  その間に京都でも布博と紙博、別々で開催されてたと思うけど行けなくて。







                  戦利品たち。




                  入場券が定規なのだ。



                  前回の布博同様、時間と体力とお金だな〜。


                  category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

                  御朱印 【三十三間堂、養源院】

                  2018.11.24 Saturday 20:00
                  0
                    久しぶりに御朱印を。



                    三十三間堂にて。






                    養源院にて。
                    こちらは直接書いてはいただけません。
                    あらかじめ書いてあるものに、日付のみ記入してくださいます。



                    category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

                    三十三間堂と養源院

                    2018.11.23 Friday 23:00
                    0
                      今日は数年ぶりに三十三間堂へ。
                      そこまで行くなら養源院にも行きたいと思い、友人にリクエスト。
                      ここのところ暖かな日だったのに、この日は寒かったー。




                      お天気は良いのに寒い。


                      11月末まで千手観音立像が26年ぶりに1001体揃うということで、足を運んだのでした。
                      特別に拝観台も設置されるというので、やや興奮気味でした。

                      拝観台からは通常では見えない奥の方の像もよく見えました。


                      三十三間堂はわたしが御朱印を初めていただいた場所でもあり、感慨深かったです。
                      当時御朱印を書いてくださった方は、当然いらっしゃらなかったのですが、今回もありがたく書いていただきました。
                      三十三間堂、やはり全てを見るのは時間がかかりますね。
                      すっかり体が冷え切ってしまいました。




                      三十三間堂からは歩いてすぐの養源院。

                      こちらはずっと行きたくて行きたくて、ずいぶんと時が経ってしまった。
                      その間にものすごく訪れる方々が増えたようで、この日も中は結構な人でした。

                      一つ一つ説明があるのだけど、テープによる説明でした。
                      (わたしが最初に行きたいと思った数年前は、テープではなかったような…昔からテープだったのかな?)
                      これも人の多さに対応するためなのかも。


                      養源院は秀吉の側室淀殿の父、浅井長政の菩提を弔うために、長政の21回忌に建立されました。

                      血天井、俵屋宗達による杉戸絵、狩野山楽の襖絵なとが有名。

                      宗達の杉戸絵が見たかったので、念願叶いました。

                      歴史には疎いですが、血天井のお話を聞きながら天井を見上げていると、とても不思議な気持ちでした。


                      養源院では、時間が少し遅かったせいもありますが、薄暗くてもう少ししっかりと見たいと思ったので、今度は早い時間にリベンジしようと友人と誓いました。


                      category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

                      第12回 京都音楽博覧会 2018 @梅小路公園

                      2018.09.23 Sunday 23:00
                      0


                        今年も無事に開催されることとなり、わたしも無事に参加できます。




                        京都音楽博覧会2018。今年で12回目です。


                        今年の出演者のみなさん。(タイムテーブル)


                        グッズにならんだり、クラウドファンディングのリユースカップを引き取りに行ったり、そんなこんなでネバヤンは途中からになってしまった。





                        ファンちゃん経由で知ったクラウド・ルーさん。

                        大御所、スタレビ!
                        歌唱はもちろんのこと、MCもおもしろかったなぁ。さすが!の一言。

                        手嶌葵さんは、テレビで見たまんまの本当にささやくような話し方。
                        唄い方も本当に繊細で。
                        明日への手紙が聴けて、泣けたよ。

                        ハナレグミ。
                        もう、いつ音博に出てくれるんだろう?って待ちに待ったお方です。
                        岸田くん、佐藤さんも言っていたけど、今年はお客さんが見たい人たちをお呼びしたとかなんとか。
                        いつもアンケートに出てくるハナレグミは、だからこそ避けてきたみたいな。
                        何もかもが最高な時間。
                        男の子と女の子。ステキすぎた。

                        01.ハンキーパンキー
                        02.People Get Ready
                        03.大安→今夜はブギーバック→大安
                        04.男の子と女の子(くるりカバー)
                        05.サヨナラCOLOR
                        06.明日天気になれ



                        アジカン。
                        昨年はゴッチが一人で参加。前にも一人で参加だったのだけど、バンドで出るのは初めて。
                        アジカンはロックなバンドやから、音博っぽくないので逆オファーは受けまくっていたけど実現しなかったというのも何かで聞いた。
                        今年のアラバキ?(別のイベントかも)でくるりの前がアジカンで、その時にアジカンの演奏見て、音博出てもらおうと決めたとも。
                        メンバーの喜多くんは昨年の音博見にきてたそうで。
                        満を持しての登場でした。
                        01.センスレス
                        02.スタンダード
                        03.荒野を歩け
                        04.Re:Re
                        05.Little Lennon /小さなレノン
                        06.ボーイズ& ガールズ
                        07.今を生きて





                        いい感じに日が暮れて、今年も夕陽が綺麗だったけど写真なくてごめんなさい。


                        そして最後はくるり。

                        01.その線は水平線
                        02.ソングライン
                        03.Tokyo OP
                        04.太陽のブルース
                        05.さよならリグレット
                        06.Brose & Butter
                        07.特別な日
                        08.News
                        09.どれくらいの
                        10.ブレーメン
                        11.宿はなし


                        この場で聴くことができるのは、この上ない幸せ。
                        久しぶりに聴く曲や、今年はアルバムが出るまでにすでに耳にした曲、どれもこれも心に沁みる。

                        今年の音博はこれまでにない試み、クラウドファンディングに挑戦するということで、わたしも少ないながら参加させていただき、これから先も音博が続いていくことを心から願います。












                        category:◆京都 | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

                        PR
                        Calender
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        << February 2020 >>
                        1クリック thank you!
                        ブログランキング・にほんブログ村へ
                        にほんブログ村
                        人気ブログランキングへ
                        ブクログ

                        電話占い
                        今日占
い  昨日
カウンター
                        BOOKS
                        スマホ
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        • 空飛ぶ広報室(幻冬舎) 有川浩
                          藍色
                        • 【今宮神社】 京都十六社朱印めぐり 一日目
                          (・3・)あぽろ
                        • かのこちゃんとマドレーヌ夫人(ちくまプリマー新書) 万城目学
                          藍色
                        • OSAKA アート&てづくりバザール VOL.10
                          kierun
                        • OSAKA アート&てづくりバザール VOL.10
                          ルナ
                        • 百日紅にあいたくて
                          kierun
                        • 百日紅にあいたくて
                          ユリ
                        • シェキナベイベーズ
                          kierun
                        • シェキナベイベーズ
                          まひ子 (←名前ちゃう)
                        • ハンブルク浮世絵コレクション展@相国寺承天閣美術館
                          kierun
                        Recent trackback
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM