スポンサーサイト

2019.07.08 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    奈良 飛鳥で過ごす一日

    2012.08.14 Tuesday 13:50
    0


      奈良の飛鳥へ行ってきました。

      あまりきっちりと計画することなく、
      行きの電車で打ち合わせするという…笑

      天気が良くないかも(もしかしたら雨)ということで、
      時間的に制約されてしまうバス移動になるかなぁと思っていたけど、
      飛鳥についたらレンタサイクルに決まりました。

      とにかく蒸し暑い!
      野外フェスなみに汗が流れる。
      自転車って、止まると暑い…当たり前のこと言ってすみません。


      高松塚古墳をあっさり通り過ぎ(怒られそう…)、亀石に到着。
      ちょうど人がたくさん集まってきてすぐに退散。
      石舞台古墳方面へ向かう。

      ここで「あすか夢販売所」で買っておいた柿の葉寿司を食べて休憩。

      石舞台古墳を見ないで、見晴らし台へ向かうことになりました。

      この見晴らし台へ向かう道中が、
      ある意味この日一番パワーを使ったかと…。


      突然姿を見せるトカゲくんやトカゲちゃん、
      図鑑に載っている名前がわからない蛾とか。
      日中肝試し(((;゚Д゚)))
      ひたすら登り続けてたどり着いた場所から見えた景色は
      この疲労と恐怖を癒してくれたでしょうか…



      奈良の長閑な景色。


      余談…石舞台古墳の休憩所では、たくさんのツバメが子育て真っ最中でした。
      しあわせのおすそわけをいただいて、束の間の休息。


      来た道を少し戻って、伝飛鳥板蓋宮跡へ。

      人いない。



      次に目指すは飛鳥寺。
      この飛鳥で、わたしとしては一番気になっていた場所。


      飛鳥寺は蘇我馬子が発願、推古天皇に創建された日本最初のお寺。
      本尊飛鳥大仏は日本最古の仏像です。

      なんと、写真撮影オッケーなのです。



      なんて端正なお顔立ち。
      東大寺の大仏さまはふっくらとしたお顔ですが、
      飛鳥寺の大仏さまはやや細面。
      彫りの深い顔は飛鳥時代のお顔なんだそうです。

      盧舎那仏と称される東大寺の大仏さま。
      飛鳥寺の大仏さまはお釈迦さまです。
      実在したお方。

      こうして大仏さまを目の前にして、
      お寺の方のお話を聞いていると不思議な感覚。
      人生80年。
      大仏さまはこちらに鎮座されて1400年。
      語られることのない大仏さまを前にして、
      いろんな出来事を見てこられたのだろうと思うと言葉も出ない。



      入鹿の首塚で手をあわせ甘樫丘へ向かうも、
      展望台へ行くのはあきらめて戻ることに。


      春先や秋に訪れると、また違った飛鳥を楽しめそう。
      真夏の散策はあまりおすすめしないかな〜笑


      時間があれば行ってみたかった橿原神宮。
      食べたかっただんご庄のおだんご。
      今回は達成できず…(旅は計画的に!笑)


      ☆使用切符☆
      古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ
      (割引分はレンタサイクルに使用)









      category:◆仏像巡り | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

      奈良県吉野・金峯山寺へ行く

      2010.11.22 Monday 23:03
      0

        11月21日(日)。奈良県は吉野へ行ってきた。
        とりあえず、吉野は遠い!

        吉野行きも結構突然決まる。
        というのも金峯山寺にて100日間のご開帳がもうすぐ終わってしまうから。
        のんびりしていたらもうそんな時期にせまっていた…。



        橿原神宮前駅から各駅停車に変わる近鉄吉野線。
        ここが約1時間くらいの電車の旅となる。
        阿部野橋から橿原神宮前まであっという間なのに…。

        車掌さんがいい人で、写真撮るから移動してくれた(笑)


        単線なので、駅ですれ違う電車を待ったりする。
        特急電車もここでは各駅。


        天気も良くていい日だ。


        このロープウェイに乗れば、きっと3分くらいで上まで行けたのだと思う。
        しかーし、すごい列で、このかわいらしいサイズのロープウェイ。
        いつになったら乗れるやら…。
        というわけで歩いて山を登る。これが結構しんどかった。



        仁王門。
        国宝です。









        蔵王堂。こちらも国宝。
        ここに秘仏である蔵王権現様が安置されています。

        日本最大の秘仏とされる蔵王権現様。とにかく圧巻です。
        こちら→金剛蔵王権現像 百日特別ご開帳






        紅葉も見ごたえ充分でした。
        今日の雨でだいぶ葉は落ちてしまったかもしれませんね。



        帰り。
        吉野駅のホームで電車を待つ。
        完全に鉄子化している自分が…。
        けっこう恥ずかしいような。

        金峯山寺でもご朱印をいただきましたので、円教寺とあわせてまた載せます。



        category:◆仏像巡り | by:kieruncomments(0)trackbacks(0)

        奈良でご朱印をいただく

        2010.08.20 Friday 23:10
        0
           お盆中の奈良は、思っていたよりも人が少なくてとても癒しの場所でした。
          途中、近鉄電車から見える大阪の景色は、何年たってもテンション上がりました。
          ほんとは窓にへばりつきたい思いを我慢して、それでも首をのばしてみたり…。
          空気が澄んだ、天気の良い日には、大阪全部見えるんちゃうかと思うほど、
          大阪は狭いな。

          ご朱印もいただいてきました。



          薬師寺にて。



          唐招提寺にて。
          ご朱印をもらい始めてまだ間もないですが、初めての女性でした。



          興福寺にて。
          こちらも女性でした。しかも結構若い人でした。
          ご朱印は3つ(だったと思う)から選べるようになっていましたが、
          どれを書いてもらえばいいかわからずにたずねたところ、
          こちらをすすめられたのでした。
          次回行った時は、また別のものを書いていただこうと思います。


          ご朱印は目の前で書いていただけるのがとても魅力的。
          さらさら〜っと書く姿は見とれるばかりです。
          毛筆、もっと頑張っておけばよかったなと後悔するのでした。
          書く人によって、少しずつ違うご朱印。
          その人の個性も出るのでしょう。
          毎回楽しみです。




          category:◆仏像巡り | by:kierun | - | -

          せんとくんより鹿のほうがかわいい

          2010.08.19 Thursday 23:43
          0
             今度は奈良でずいぶんと引っ張っていますが、これも半日の出来事。
            この季節、芝の青さと鹿さんがとてもいい感じでした。
            ここに青空が加われば、言うことなかったけれども…。









            奈良の鹿のまわりでよく見かける風景は、
            子どもが泣いているか、女の人が悲鳴をあげているか。
            きっと観光客の人だろうとは思うけど、、鹿のすごさを知らない最初は
            鹿せんべいを楽しそうにあげているんだけど、
            ちょっとでももったいぶったりしていると、服とかかばんとか齧られますのよ。

            この日も鹿せんべいをぶちまけている女の人がいました。
            そして子どもも大泣きしていました。
            これで鹿さんのことが嫌いになっちゃうんだろうなー。





            ごろんと寝転がりたい芝生だ。
            でもうっかり荷物も下に置けない…。鹿の…。ころころ…。



            ボーっとしゃがんで芝生の撮影していたら、気付いたら何かを飛ばす青年がいた。
            その彼を撮影しているマニアみたいになっていたわたし。
            飛行機みたいなのを飛ばしてたな。




            category:◆仏像巡り | by:kierun | - | -

            興福寺東金堂と周辺を歩く

            2010.08.18 Wednesday 23:23
            0
               奈良県庁へ行ったあとのことは、ほとんど考えていなくて、
              もっと時間があったら東大寺で大仏様を見上げてこようかなとか、
              春日大社へ行ってみようかなとか、国立博物館行こうかなとか…。
              燈花会を見るために、どんどん人が増えて行くので、
              これはマズイと思って、鹿さんだけでも見に行こう!と。
              そしたらやっぱり興福寺に行ってしまった…。





              時間もないし、疲労感が襲ってくるしで、東金堂だけ。
              国宝館、やっぱり無理してでも行くべきだったなーと、
              帰りしなに見たポスターで、後悔しました…。




              猿沢池まで、とりあえず。
              池をぐるりと一周。
              カメにえさをあげる人がたくさんいました。
              そのえさを食べるために、ハトもたくさんいました。




              通り過ぎただけ。
              車が通るたびに、注意しなければならないからお店の人も大変だ。
              みんな買って帰るのかな。
              餅つきも佳境にはいっておりました。



              category:◆仏像巡り | by:kierun | - | -

              奈良県庁へ行く

              2010.08.17 Tuesday 23:54
              0

                 西ノ京で薬師寺と唐招提寺を見てまわった後、今回の目的のひとつであった
                奈良県庁へ急ぐ急ぐ。
                せんとくんがお出迎え。奈良はせんとくんがいたるところにありました。
                近鉄奈良駅でも改札出たところにパネルがあって、記念撮影で人いっぱいだった。
                平城遷都1300年祭の会場には行ってませんが…。

                時間は14時半くらいだったか?駅に着いたの。
                もうお腹ぺこぺこで、県庁の食堂を目指したものの、15時までだから
                食べたいものはないだろうなーと、受付で聞いてみたら
                「うどんかラーメンならあると思います」と言われた(笑)

                もう仕方ないので、ラーメン食べたけど。

                セルフサービスのお茶も何回も入れに行った(笑)
                暑さのせいで水分補給は大切ですな。


                県庁の屋上にも行けるというので、行ってきた。
                ほんまに人がおらんのよ。
                とても空いていて良い感じだ。



                若草山と左には東大寺が見えます。




                五重塔だ。




                めったに見られないせんとくんの背中。
                頭大きいな。
                揃えた足がかわいいじゃないか。




                category:◆仏像巡り | by:kierun | - | -

                奈良 西ノ京へ行く

                2010.08.15 Sunday 16:42
                0

                  13日、奈良へ行ってきました。
                  奈良へ行くために、今はお得な切符がたくさん発売されていますが、
                  今回わたしが利用したのは「せんとくん 平城京1日電車乗車券 せんとくんバッジつき」。
                  各交通機関から発売されていて、値段も違います。
                  時間さえあれば、かなーりお得になるのですが、限られた時間だと500円くらいのお得が
                  精一杯でした。

                  西ノ京といえば、世界遺産 薬師寺と唐招提寺。
                  ここで行っておかないと薬師寺東塔が解体されてしまう…と
                  決めたら即実行です。





                  近鉄西ノ京駅をおりたら、薬師寺に入るにはどうしても北側からになってしまい、
                  あとから南門へ行ってみました。
                  でも外に出るのは憚られたので、中門から…。

                  仁王像ではなく、武装した二天王像だそうです。




                  中門を入ったところから見た、金堂。
                  ここに薬師三尊像(国宝)がいらっしゃいます。



                  東塔(国宝)。
                  今から1300年前の創建当時から現存している建物。
                  もうすぐ解体修理に入るので、それまでには見ておきたかったのでした。
                  解体修理するにあたり、安置されていた仏様は東院堂へ移動されていました。
                  国宝なので、解体修理にかかる費用は国からも出るようですが、
                  100パーセント出るわけではないそうです。



                  六重に見えるけれども、三重の塔なんだそう。

                  薬師寺東塔の水煙の美しさの話を小学校の時の国語の授業で習ってから
                  「薬師寺東塔」という言葉はなぜか頭の中にインプットされてしまっています。




                  西塔。
                  こちらは昭和56年に復興された塔。
                  1300年前の人々は、このような色彩の建物を見ていたんだそうです。





                  薬師寺に到着してから最初に行ったのが、東塔の中を拝見する列にならんでいました。
                  そしたら金堂から声がして、「今から薬師寺のお話をしまーす」と。
                  テレビで見たことあるアレか!と思って、いそいそと金堂へ。
                  タイミングよくお話を聞くことができました。

                  薬師三尊像は薬師如来、日光菩薩、月光菩薩の三体からなります。
                  現代でいうと、薬師如来は病院の院長、日光菩薩は昼勤務の看護師さん、
                  月光菩薩は夜勤の看護師さん。
                  いわゆる24時間体制で、わたしたちの身と心の病を救ってくださる仏様なのだそう。
                  写真に撮ることができないのが残念ですが、とても美しい仏像でした。




                  頑張って後ろに下がったけど、左が切れてますな…。
                  こちらは大講堂です。





                  薬師寺から歩くこと約10分。
                  次に目指すは唐招提寺です。







                  金堂。
                  金堂内には真ん中に盧舎那仏、向かって右側に薬師如来、左がわに千手観音が並んでいます。
                  盧舎那仏は東大寺の大仏と同じで、作例の数少ない。
                  千手観音は実際に千本の手を表現した、こちらも数少ない像です。
                  以前、大阪の藤井寺市にある葛井寺でみた仏像以来です。
                  こちらは圧巻です。

                  唐招提寺は薬師寺とは全然違う雰囲気です。
                  緑が多くて、徒歩10分でこんなにも違った世界に来るとは…。



                  緑が優しいですね。



                  講堂。


                  薬師寺でも唐招提寺でもご朱印をいただきました。
                  そちらはまた後日。


                  お盆だというのに、お盆だからなのか、奈良は人がそんなに多くない。
                  びっくりするくらいゆっくりと見てまわることができました。

                  今回、奈良駅へ向かいたかったので、あまり時間がなく、
                  唐招提寺はピンポイントでしか見てまわりませんでした。
                  また日をかえて、今度は少し涼しくなってから訪れたいと思います。







                  category:◆仏像巡り | by:kierun | - | -

                  京都へ行く

                  2010.04.21 Wednesday 15:47
                  0
                     昨日20日は久しぶりに京都へ行ってきました。奈良に引き続き、またも雨〜。
                    どうもこの三人の組み合わせが雨をよんでいるみたい…。
                    予定では三十三間堂→六波羅蜜時→柴洋カフェ のはずでしたが、どうなったでしょうか…。


                    13時半すぎ?時間見てなかったですが、きっとそのくらいに河原町に着いてたと思う。
                    京阪祇園四条から七条まで。
                    京都国立博物館には行ったことあるのに、お隣の三十三間堂はいつも指をくわえて通り過ぎるだけでした。だから行けてよかった!


                    国宝 三十三間堂は正式名を蓮華王院といいます。
                    南北にのびる堂内の柱間が33もあるという建築的な特徴により「三十三間堂」と呼ばれるそうです。
                    地上16メートル、奥行き22メートル、南北120メートル。
                    そこに国宝 千手観音坐像を中心に、左右に500体ずつ計1000体の千体千手観音立像(重文)。
                    風塵雷神と二十八部衆。
                    もう、すごい!のひとこと。
                    1000体の観音さまの中には、会いたいと思う人に似た像が必ずあるといわれているそうですが、なんせ数がすごいのと、奥のほうは見えないです(笑)
                    訪れた際は一度探してみられるのもよいのではないでしょうか…。


                    奈良に行った時に始めようと思っていたご朱印をいただくというもの。
                    でもできなかったので、京都で絶対始めるぞ!と意気込んでいました。
                    三十三間堂で念願のご朱印いただきました。



                    春季限定の色(2色のうちの一つ)だったので、ピンクを買ってしまいました。
                    ちょっとオロオロしてたのですが、優しいお坊さんの微笑みに癒されましたよ。
                    筆をさらさら〜っと動かして、あっという間に書いてしまわれるのも見とれてしまいますね。





                    ちょうど満開の八重桜。

                    国宝ともなると、世界中から観光客が訪れる場所。
                    平日で雨だというのに、人は多かった…。これが祝日ともなれば、もっとすごいんだなーと。
                    体力いりますわ、京都は。


                    ひととおり見てまわって、次はここから徒歩で六波羅蜜寺へ向かうことに。
                    雨も中途半端な降り方で、傘ささないと濡れちゃうし…人多いし…。困ったもんです。

                    余談ですが、三十三間堂を出てしばらくしたら、制服姿の女子高生がほんとにいっぱい歩いていて、どこの高校やろ?って話してたら、友達が「○○やで」って教えてくれて、「あ、ここの併設大学受験しようとしてたところやわ」って思い出し、こっちを受けてたら私は、毎日観光客の多さに疲れていたのかも…と複雑な気分になったのでした(笑)今となっては京都にしとけばよかったかも〜とか思えるんですが。

                    歩きながら途中で見つけた雑貨屋さんとかにも入りつつ、目的地の六波羅蜜寺に到着。

                    この写真はパンフレットのものですが…。


                    こちらは本物の写真。お願い事しますよね。

                    このお寺に来た一番の目的は空也上人像を見ることです。

                    本物は撮影できませんから、こちらもパンフレットで。
                    よく見る角度の写真ですが、本物を見るときは像に向かって斜め左側に立ち、すこし自分の姿を屈めて像を見上げるといいと教えてもらいました。そうすると目がまた違ったふうに見ることができます。

                    他にも地蔵菩薩坐像、地蔵菩薩立像(鬘掛地蔵)、平清盛坐像、運慶・湛慶坐像など、みどころいっぱいのお寺です。
                    説明してくれたお寺の方が、とてもおもしろい方でした。京都というより、大阪のノリやなぁと。

                    そしてこのお寺での目的二つ目。
                    開運推命おみくじ。生年月日と性別で割り出される数字をもとに引くおみくじ。
                    写真載せませんが、すごい達筆で書かれたそのおみくじは説明していただいたので助かりましたが、読めない漢字もちらほら…。そこは友達と推測しながら読む。
                    結構当たるらしいです。あまりいいことは書かれていなくて、多少説教じみた内容ですよって言われていましたので、それを読んで努力するかしないかでその人の今後は変わるんですよと。
                    そうですね。妙に納得。


                    こちらでもご朱印いただきました。
                    やっぱり目の前で書いていただくと感動しますよ。
                    すごく気さくにお話ししていただいて、私たちもうれしく思いました。ありがとうございました。


                    それからそれから、六波羅蜜寺から歩いてすぐの柴洋カフェへ。

                    まさかの…。

                    お店の人がいたので聞いてみると、今日はどうしてもお子さんを迎えに行かなければならなくなって、しかたなくいつもよりも早めに閉店してしまったとのこと。
                    また来ます!と言って、次回リベンジを誓うのでした。



                    晩御飯のお店を友達が電話で予約入れてくれてる間に…。
                    百万遍とか見ると、黒髪の乙女になりたい…なむなむ。と小説の世界を思い出すのでした。


                    まわりは観光客だらけなので、写真撮ってても違和感ない(笑)


                    鴨川〜。
                    夕方になれば雨もやんでたね。

                    予約時間まで時間があったので、河原町周辺で時間つぶし。
                    INOBUNが広くなった!と友達がはしゃいでいました。
                    ここは心奪われる場所。次回ゆっくりお買い物に来ましょうと、ひととおり見るだけで終わりにしました。


                    おにかい。
                    このお店、すごく店員さんがステキです。
                    接客がね。
                    また行きたいと思えるお店です。

                    平日だけどお客さんいっぱいで、22時前に「そろそろお時間が…」と言われてしまいました。


                    河原町から自宅まで1時間かからなかった帰り。びっくり。途中で普通に乗ったのに。
                    京都は近いのに遠い。
                    これからは京都に行かないと!
                    京都倶楽部、立ち上げないと…。





                    category:◆仏像巡り | by:kierun | - | trackbacks(0)

                    長谷寺 十一面観世音菩薩立像

                    2010.04.13 Tuesday 13:24
                    0
                       昨日は生憎の雨…。
                      しかしながら、平日を有効利用しない手はない!
                      お休みをとってくれた友人と、ずっとお休み中の友人とで奈良県桜井市初瀬にある長谷寺へ行ってきました。ここ長谷寺はどうしても行きたかったお寺のひとつで、しかも特別拝観のこの時期に行っておきたいお寺でした。なので感無量。


                      近鉄長谷寺駅。トイレがきれいでよかったです(笑)
                      この写真は返りに撮影したので夕方の5時前ですが、着いたときはお昼ぐらい。
                      雨にもかかわらず、たくさん人がいました。
                      雨なので空の色はかわらないんですけど。


                      駅から途中で本当はお昼を食べました。なので、実際何分くらいで長谷寺に着いたかわからないんですね〜(汗)本なんかには駅から徒歩15分って書いていますが、実際そのくらいだと思います。
                      雨でも絶えず人がいるお寺です。団体さんもいくつか来られていました。


                      登廊。重要文化財。
                      仁王門から本堂までを399段の石段で結ぶ。
                      ずーっとまっすぐではなくて、途中で右に曲がったり、左に曲がったりしました。曲がり角のところには椅子がおいてあり、休憩しながら登れるようになっています。
                      写真ではわかりにくいですが、屋根なんかに千社札がたくさん貼られています。中にはどうやって貼ったんだろうというものも。
                      仁王門も立派なものでしたが、雨だったので写真はあきらめました…。


                      写真右奥にみえる白い建物は宗宝蔵で、春の特別寺宝展が催されていました。
                      入山共通券(¥1,700)を購入したので、もちろんみてきました。

                      写真の左手前から植えられているのが、ぼたんです。
                      「ぼたんの長谷寺」といわれるほど有名だそうですが、少し時期が早かったので見られませんでした。しかし花の寺というだけあって、いろんな種類のお花がありましたので、どの季節に行っても楽しめるのではないでしょうか。

                      本日のメインである十一面観世音菩薩立像にいよいよご対面できるときが来ました。
                      当然撮影禁止ですので、写真はないですが。
                      拝観記念として結縁の五色線というものを左の手首につけてくださいます。
                      塗香で清め、五色線で観音様とのご縁がむすばれたということだそうです。
                      見上げれば高さ12メートルほどの観音様。しばらく言葉が出ないほどです。あまりこんな経験ないです。観音様の足に触れ、お願い事をします。
                      真下から見上げたら、あまりお顔はわからなかったですが、外に出て正面から見ても何ともいえない、優しいお顔をしておられます。しばし見とれる。
                      巡礼者が絶えず訪れているので、あまりゆっくりとはいきませんでしたが、ゆったりとした気分になれました。




                      大半の桜が雨によっても散っていました。
                      ところどころしだれ桜がかわいらしい花をつけていました。


                      雨と逆光で見苦しいですが…。




                      しゃくなげでしょうか。
                      奥にも真っ赤な花をつけた木があったのですが、中には入れなくてこんな形になっちゃいました…。


                      長谷寺本坊大講堂を出たところからみた、長谷寺本堂。

                      平城遷都1300年に協賛して、約10年ぶりに本尊十一面観世音菩薩大画軸が開帳されました。
                      これもすごいスケールでした。日本最大級の16メートル46センチ。重さが125キロほどもあるので、当然吊るしてはいませんでした。本堂の十一面観世音菩薩立像をほぼ原寸大に描いているんですものね、それは大きいです。








                      お昼ごはん。
                      途中、「長谷路」というお店に寄ることにしました。(いろいろ調べた結果、最終的にこちらに決めました。)
                      登録有形文化財に指定されているそうです。

                      一見、とても入りづらそうな重みを感じるのですが、美しい中庭を通って中へ。
                      とてもゆっくりくつろげるすてきなお店でした。


                      ついた席から。座敷と椅子席とありました。


                      中庭がとても美しかったです。
                      外は雨がザーザー降っていましたが、それもここから見ればとてもいい雰囲気に。


                      にゅうめんセット(¥1,000)をいただきました。
                      セットには柿の葉寿司がついていて、うれしい〜。



                      まったりとした一日。
                      かと思いきや、大阪に戻ってきて夜ご飯を食べに沖縄料理のお店に行ったのですが、よく飲んだわ。そして食べた。あやうく終電に乗り遅れるところでしたとさ。






                      category:◆仏像巡り | by:kierun | - | trackbacks(0)

                      葛井寺の秘仏

                      2010.03.18 Thursday 23:42
                      0
                         今日は大阪府藤井寺市にある仏像を見るために、葛井寺(ふじいでら)へ行ってきました。
                        こちらにある国宝「十一面千手千眼観世音菩薩像」はいつでも見ることができるわけではなく、毎月18日だけ公開される秘仏。しかも実際に千本もの手がある、日本でも数少ない観音像なのです。

                        300円を支払って中へ入ると、なぜだかすごく緊張。
                        奥のほうに、観音さまが座っておられました。お堂の中は薄暗いので、やや見えにくいかもしれませんが、じーっと見つめていると不思議と見えてくるもので、しばらく惹きつけられます。

                        本尊の裏にいろいろと資料や写真が展示されていたのですが、何かの団体さんかなぁ、一人のおじさんが説明しながら、そのお話を聞いている人たちが場所を陣取っていたので、端っこの写真なんかが見られませんでした…。一番見たかった写真ではあったのですが…。残念。
                        出口のところ(入り口と同じ)で、写真集みたいなものが何冊か販売してあって、買えなかったですが中を見せていただきました。そこには近くでは見ることのできない観音さまの不思議がいっぱい。観音さまを横から見ると、まさに千手。後ろから見ても千手。すごい。


                        西国三十三所霊場 第五番札所 葛井寺


                        お寺の西門にあたる四脚門。国指定重要文化財。
                        18日は境内にかけて何件かのお店が出ていました。



                        楼門(南大門)。
                        撮影する場所が悪かったか、ちょっと傾いてますね…。すみません。


                        南大門を内側から。





                        もっとたくさん人がいると思っていましたが、今日は昼から雨という予報だったからか、あんまり人がいませんでした。もっと早い時間にはたくさんいたのかも…。


                        ◆紫雲山 葛井寺
                         大阪府藤井寺市藤井寺1−16−21
                         (近鉄南大阪線「藤井寺駅」下車 徒歩5分くらい)

                        大きな地図で見る




                        category:◆仏像巡り | by:kierun | - | trackbacks(0)

                        PR
                        Calender
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << October 2019 >>
                        1クリック thank you!
                        ブログランキング・にほんブログ村へ
                        にほんブログ村
                        人気ブログランキングへ
                        ブクログ

                        電話占い
                        今日占
い  昨日
カウンター
                        BOOKS
                        スマホ
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        • 空飛ぶ広報室(幻冬舎) 有川浩
                          藍色
                        • 【今宮神社】 京都十六社朱印めぐり 一日目
                          (・3・)あぽろ
                        • かのこちゃんとマドレーヌ夫人(ちくまプリマー新書) 万城目学
                          藍色
                        • OSAKA アート&てづくりバザール VOL.10
                          kierun
                        • OSAKA アート&てづくりバザール VOL.10
                          ルナ
                        • 百日紅にあいたくて
                          kierun
                        • 百日紅にあいたくて
                          ユリ
                        • シェキナベイベーズ
                          kierun
                        • シェキナベイベーズ
                          まひ子 (←名前ちゃう)
                        • ハンブルク浮世絵コレクション展@相国寺承天閣美術館
                          kierun
                        Recent trackback
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM